横浜市に住んでいる祖母の為に家族葬

横浜市で一人暮らしをしている祖母から体の調子が悪いと言われ、その半年後に病院で旅立ちました。調子が悪いとは聞いていても突然の事だったのでとてもショックを受けたのですが、祖母の為に家族葬をしようと言う事になりました。祖母は生きていた頃からあまり大勢の人が集まった葬儀をしたくないと言っていたので、身内だけの葬儀にする事になりました。およそ20人が横浜市にある葬儀場に集まり、とてもアットホームで身内の人達も誰に気をつかう訳でも無くとても過ごしやすかったです。きっとその事を思って祖母は家族葬にしたいと言ってくれていたんだなと感謝しました。少なかったので、葬儀代もとても安く、時間もかからずに終わる事が出来ました。葬儀場のスタッフの人達もテキパキと働いてくれていたので、とても気持ちがよかったです。自分の時も同じようにアットホームな葬儀にしたいと思っています。

横浜市で家族葬を行う

最近では家族葬を選択する人が増加をしています。できるだけコストをかけずに故人を送り出すということを優先しています。それだけではなく、近親者のみに見送られたいと考える人が増加をしています。知らない人に自分が逝去をした時の顔を見られたくはないと考えるようになっています。横浜市内でも家族葬を行うことができる斎場が多いです。規模も小さく、コンパクトになっていたり、斎場でありながら自宅で葬儀を執り行っているようなそんな雰囲気を作り出すこともできます。昔は今の家族葬のような形での葬儀が一般的であり、あまり参列者もいませんでした。特に通夜は故人と遺族が最期に過ごす夜ということもあるので、一般の参列者は参列をしないということはマナーでした。今はマナーよりも自分の都合が優先になっているので、近親者のみで執り行ったほうがよいと考えられるようになりました。

横浜市内で家族葬を執り行う

今は当たり前のように家族葬が執り行われています。近親者のみで送り出して欲しいと考える人も増加をしています。横浜市内でも家族葬のための斎場がいくつもあります。斎場の広さもコンパクトになっているので、自宅で送り出すような感覚で利用をすることができます。斎場のレンタル料も規模の大きな葬儀よりもリーズナブルになっているので、出来るだけ葬儀にお金をかけたくはないと考えている人にもメリットがあります。家族葬に対応をしている葬儀社にまず相談をした上で、予算はどれくらいなのか、ということも話し合い、その上で最適な葬儀になるように工夫をするとよいです。アットホームな雰囲気で送り出すことが出来るというのは故人だけではなく遺族にとってもよい傾向です。斎場は立地条件も十分に検討をするとよいです。親族でもアクセスしやすいところを選びましょう。